History

1967年
東京渋谷にて株式会社ルマン商会設立
レーシングカー及び自動車の輸入業務開始
1969年
レーシング部門設立「チームルマン」正式発足
2000年
株式会社ルマンのグループ会社「株式会社チームルマン」として独立
2002年
全日本GTには脇阪寿一と飯田章のコンビで参戦
シリーズチャンピオンを獲得
2003年
フォーミュラ・ニッポンに金石年弘、土屋武士の2台体制参戦
チーム総合2位
全日本GT選手権には前年に引き続き、脇阪寿一と飯田章のコンビで参戦
シリーズ2位
2004年
フォーミュラ・ニッポンに脇阪寿一、土屋武士に片岡龍也の3台体制で参戦
チーム総合4位
全日本GT選手権には前年に引き続き、脇阪寿一と飯田章のコンビで参戦
シリーズ3位
2005年
フォーミュラ・ニッポンに土屋武士、片岡龍也の2台体制で参戦
チーム総合5位
SUPERGT(全日本GTから名称変更)脇阪寿一と飯田章のコンビで参戦
シリーズ6位
2006年
フォーミュラ・ニッポンに片岡龍也、高木虎之助の2台体制で参戦
チーム総合7位
SUPERGTに飯田章、片岡龍也でのコンビで参戦
シリーズ12位
2007年
フォーミュラ・ニッポンに高木虎之助、片岡龍也の2台体制で参戦
チーム総合8位
SUPERGTに片岡龍也、ビヨン・ビルドハイムで参戦
シリーズ9位
2008年
フォーミュラ・ニッポンに山本哲、石浦宏明の2台体制で参戦
チーム7位
SUPERGTに伊藤大輔、ビヨン・ビルドハイムで参戦
伊藤大輔がシリーズ中負傷、9戦中4戦を代役を飯田、ロベルト等が務める
シリーズ
2009年
フォーミュラ・ニッポンに石浦宏明、国本京佑の2台体制で参戦
チーム総合5位
SUPERGTに伊藤大輔、ビヨン・ビルドハイムで参戦
シリーズ

2010年
フォーミュラ・ニッポンに石浦宏明・ケイ・コッツォリーノの2台で参戦
チーム総合5位
SUPERGTに伊藤大輔、ビヨン・ビルドハイムで参戦
シリーズ4位
2011年
フォーミュラ・ニッポンに大嶋和也、石浦宏明の2チーム体制で参戦
チーム総合4位、8位
SUPERGTに伊藤大輔と大嶋和也のコンビで参戦
シリーズ10位
2012年
フォーミュラ・ニッポンに大嶋和也、ロイック・デュバルの2チーム体制で参戦
チームランキング5位、4位
SUPERGTに国本雄資と大嶋和也のコンビで参戦
シリーズ10位
2013年
SUPER FOMULA(フォーミュラ・ニッポンから名称変更)に
平川亮、ロイック・デュバルの2台体制で参戦
チーム総合2位
SUPERGTに国本雄資と大嶋和也のコンビで新マシンRC Fで参戦
シリーズ5位
2014年
SUPER FOMULAに平川亮、ロイックデュバルの2台体制で参戦
チーム総合2位
SUPERGTに大嶋和也と国本雄資で参戦
シリーズ6位
2015年
SUPER FOMULAに平川亮、小林可夢偉の2台体制で参戦
チーム総合4位
SUPERGTに大嶋和也と国本雄資で参戦
シリーズ9位
2016年
SUPER FOMULAにナレイン・カーティケヤン、小林可夢偉の2台体制で参戦
チーム総合10位
SUPERGTに大嶋和也とアンドレア・カルダレッリで参戦
シリーズ2位
2017年
SUPER FOMULAにフェリックス・ローゼンクヴィスト、大嶋和也の2台体制で参戦
チーム総合4位
また、ローゼンクヴィストがルーキーオブザイヤーでドライバー総合2位
SUPERGTに大嶋和也とアンドレア・カルダレッリで新マシンLC500で参戦
シリーズ3位
2018年
SUPER FOMULAに大嶋和也、ピエトロ・フィッティパルディの2台体制で参戦
フィッティパルディが海外レースにて負傷、7戦中残り6戦を代役でトム・ディルマンが
務めた
チーム総合7位
SUPERGTに大嶋和也、フェリックス・ローゼンクヴィストで参戦
シリーズ7位

pagetop